画面上部へ
本日は水曜日で定休日となります。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため2020年4月6日~5月31日臨時休業とさせて頂きます

村田中カルテット

村田中カルテット

田中菜緒子(p) 村田千紘(tp,flh) 高橋陸(b) 小松伸之(d)がお送りします。

5月9日 (土曜日)⋅15:15開場 16:00開演

チャージ 2,500円/名 学生証提示でチャージ料金1000円割引となります。

入店後必ずメニューよりお1人様1品ご注文ください。

このライブに関するお問い合わせは電話でお問い合わせください。

田中菜緒子

田中菜緒子

1985年福岡県生まれ。 幼少よりクラシックピアノを習い、ヤマハJOC にて活躍。様々なコンクールで賞を受賞。桐朋学園大学ピアノ科に進学し、在学中には、ブルガリア国際コンクールで1位を受賞。また、 桐朋学園大学卒業生の九州代表として、アクロス福岡で行われた卒業演奏会に出演。 その後、JAZZの勉強を始め、現在まで様々なライブやセッションに参加。2009年にオリジナル曲を中心に活動するというコンセプトで、Proteanを結成。都内を中心にライブ活動を開始。 2013年9月、2014年6月に自身のトリオで上海公演を成功させ、活動の場を海外まで広げている。 2015年リーダーアルバム"MEMORIES"をリリース。久留米ふるさと大使就任。2017年にキングレコードの大坂昌彦がプロデュースするネイティヴ DSD11.2MHzの超高音質録音による“ハイレゾ・ビューティー・ジャズ・シリーズ”よりメジャー初のスタンダード作品“I Fall In Love Too Easily”をリリース。2018年12月8日 アクロス福岡シンフォニーホールで、九州交響楽団とラプソディーインブルーを共演。また、POPSの分野では、GRAYのTERU&TAKUROミニライブでサポートメンバーとしてピアノで参加。桜井和寿(Mr.Children)、GAKU-MC、C&Kなど、多くのライブやレコーディングにキーボードプレイヤーとして参加している。【主な共演経験のあるJAZZアーティスト、ミュージシャン】山口真文、峰 厚介、安ヵ川大樹、岡崎好朗、井上陽介、大坂昌彦、松島啓之、近藤和彦【アルバム】2009年「protean」リリース。2015年「MEMORIES」リリース。2015年「Naoko Tanaka Jazz Standard Trio Live in Shang-Hai 2013」リリース。2017年「Memories of T」リリース。2017年「I Fall In Love Too Easily」リリース。2017年 村田中「Selfie」リリース。公式サイト

村田千紘

村田千紘

1986年 東京生まれ 幼少よりピアノを習うが習い事が嫌いになり小学5年の頃でやめる。そのころブラスバンドでフレンチホルンを担当し、中学の吹奏楽部でトランペットと出逢い、コンテストで全国大会に出場し優秀賞を受賞する。高校への進学とともにさらに音楽への興味を広げ、マイルスデイヴィスに傾倒する。早稲田大学に入学すると同大学の音楽サークルでジャズ、ラテン、吹奏楽やポップスまで幅広いジャンルで活動する「アンサンブル リドール」に参加、アレンジ等を経験し、プロとしての道を夢みるようになる。卒業後トランペット奏者の牧野正洋氏に師事し、JAZZ理論を土岐英史氏に師事。都内ライブハウスで活動を開始。ガールズバンド「レディバグ」に参加していたが2015年解散。タモリ氏の主催するヨットレース「タモリカップ」で結成した「マリンセーラーズ」のリーダーをつとめ、ピアニストの田中菜緒子とのジャズユニット「村田中」、早大OBビックバンド「シャイニーストッキングス」などに参加しており、多様なジャンルにて音楽活動中。2015年12月1st アルバム「passion」発売

高橋陸

高橋陸

12歳で吹奏楽でコントラバスを始める。吹奏楽特待生として高校に入学。14歳でジャズに傾倒する。 現在、井上陽介氏に師事。様々なセッションに参加しながら、都内、千葉県でライブ活動やセッションホストを行っている。 その見た目からは想像もつかない程のプレイで大注目の若手ベーシスト。ブログ

小松伸之

小松伸之

1977年新潟県生まれ幼少より楽器に囲まれて育つ、高校生時代よりドラムを叩き始め、大学時代にジャズに傾倒する。98年椎名豊(pf)トリオでプロ活動を開始し、その後数多くのベテランから中堅、若手同世代のミュージシャンとの共演により自身の音楽性を深める。現在までに、矢野沙織(as)、orange pekoe、のバンドサポートから、山口真文(ts.ss)、辛島文雄(pf)、丸山繁雄(vo)、高橋知己(ts)、akiko(vo)、秋田慎治(pf)、荻原亮/坂本竜太[Dos Luna]、など多くのミュージシャンとの共演やアルバムレコーディングに参加している。日本はもとより海外での公演も多数あり、又、ジョン・ヘンドリックス、ジェームス.ムーディー、スライド.ハンプトン、ランディー.ブレッカーといったジャズジャイアントの面々とツアーを共にした経験も持つ。