画面上部へ
本日は水曜日で定休日となります。

小野孝司トリオフィチャーリング中村誠一(ts)

小野孝司トリオフィチャーリング中村誠一(ts)

中村誠一(ts)、小野孝司(p)、よしみせいいち(b)、二本柳守(ds)がお送りします。

2019年7月13日 15:15開場、16:00開演

ミュージックチャージ2,500円/人(学生証提示で1000円割引)。別途要注文。

中村 誠一

中村 誠一

1947年東京生まれ。クラリネットを大橋幸夫氏に師事。サックスを石渡悠史氏に師事。国立音大サックス科卒業。在学中より山下洋輔トリオでデビュー、フリージャズを演奏。その後、自己のグループ、ジョージ川口NewBig4で演奏活動を行う。1978年渡米、ジョージ・コールマンに師事。『中村照夫とライジングサン』でボブ・ミンツァーなどとクラブ、コンサートに出演。帰国後、NTV『今夜は最高』にタモリと出演。2001年からは吉岡秀晃と「BoNoBo Land」というバンドを結成、 定期的にコンサートを開催。2003年ボノボランドでCD『だろ!』  2005年ギターとのデュオCD『SERENATA』  2008年最新作『SUNGLASS』を発売。現在、自己のバンドでデュオから多人数編成まで、様々なユニットでジャズクラブやコンサートに出演する傍ら、洗足学園音楽大学名誉教授として後進の指導にあたっている。ホームページ

小野孝司

小野孝司

愛媛県新居浜市出身。愛媛大学在学中に松山市内のキャバレーのバンドでプロミュージシャンとしてスタートする。大学卒業後、1981年上京。ジャズピアニスト徳山陽氏に師事し、同時に都内レストラン、ホテル、クラブなどで仕事を得た。その後、美空ひばり、研ナオコ、ジョーン・ シェパード、マルシア等のバックバンドでキーボードを担当、全国ツアーに参加。2001年にニューヨークのジャズクラブで聞いたHard Bop Jazzに強く感銘を受け、都内のジャズクラブなどでライブ活動を再開する。ニューヨークで活躍中のドラマー田井中福司、テナーサックス奏者 Bob Rockwell、中村誠一、アルトサックス奏者大森明、ギタリスト宮之上貴昭等と共演し好評を得る。好きなピアニストは、Thelonious Monk, Bud Powell,Barry Harris, Wynton Kelly, Tommy Flanagan, Sonny Clark, Hampton Hawes, Bobby Timmons !!2005年3月に初のリーダー作「Deep Blue」を自主制作でリリース。2013年7月に2作目「Happy Hour」をマシュマロレコードよりリリース。 2016年10月、横濱ジャズプロムナードに初出演、NHK横浜放送局にて演奏する。現在は優れたジャズピアニストとして日本各地のライブスポットで活躍中。ホームページ

二本柳 守

二本柳 守

1948年 北海道上川郡朝日村ペンケヌカナンプ右の沢で、二本柳家の長男として生まれる。この地は戦後、祖父が農業開拓地として入職するも、農作物もろくに採れず、電気も水道も無い、貧しい暮らしを続けていた。私が中学に入る時にこの地を捨て家族で上川町に移住。高校卒業後、叔父の会社(造材業)に就職するも、3年後その会社が倒産!その時、高校時代の先輩のエレキバンドに誘われて、音楽の世界に入る。その後、東京から北海道に来ていたバンドに入り、そのバンドと一緒に上京するも直ぐにバンドは解散!そこで知り合いの紹介でコーラスバンドに入り都内のキャバレー、クラブ等で仕事をしていた時に、ドラマーの小原哲次郎氏に出合う。1976年     小原氏の紹介で入った、松石和宏(Vib)のグループにてジャズ界にデビュー。     その後、福井五十雄(Bass)グループ、徳山陽(Piano)トリオに参加。1979~83年     市川秀男(Piano)トリオに在籍し、スタジオ,TV、コンサート等多方面に活躍。     この頃より、自己のグループを結成し、活動を始める。1984~92年     今田勝(Piano)トリオに参加。1985年、このトリオでシンガポール国際ジャズフェスティバルに出演。1993~98年     渡辺かづき(Piano)の『Being Of Light』『Eyes Of The Heart』に参加。1995年自然環境をテーマに活動しているピアニスト河野康弘の『河野康弘と愉快な仲間』と言うユニットに参加。(2001年このグループで南アフリカにて公演。)1998年 再び市川秀男トリオにカムバック。2002年 3月このトリオによるCD『Perhelion』を、同年7月に『あ、雨が、、、、』 をリリースする。2005年、同トリオにて3枚目のCD『MILKY WAY』を発表。2008年 4枚目「Coup de Coeur」を2015年 5枚目のアルバム「Full Circle-My Sketchbook:1-」を発表。現在この他に、小谷教夫、山岡未樹、北條直彦、武藤晶子、等のグループにも参加している。ホームページ

よしみせいいち

よしみせいいち

electric & wood bass player/instructor 石川県出身。幼少からピアノやトランペットなど音楽に親しみ、15歳よりエレクトリックベースを始める。1998年、東京理科大学情報科学科に進学し同校のジャズ研究会で本格的にジャズを始め、20歳から本格的にウッドベースを始める。2002年、洗足学園音楽大学ジャズコースに入学。同大学を首席で卒業。ベースは納浩一、水谷浩章、岡田治郎にジャズをはじめさまざまなジャンルの音楽を、クラシックを金岡秀典、音楽理論とアレンジを香取良彦(vib)に、アンサンブルを原朋直(tp)に、ソルフェージュをユキアリマサ(pf)に師事する。(敬称略)「宮里陽太カルテット」で2005年度第24回浅草ジャズコンテストバンド部門でグランプリを受賞。洗足学園音楽大学在学中より原朋直グループに参加するなど、在学中よりプロとして活動。共演者多数ジャズ以外も他ジャンルで幅広く活動。遠藤響子のサポート。松尾一彦(ex.オフコース)シングルThere's No Shoulderレコーディングに参加、スタジオミュージシャンとしてゲーム音楽製作などに関わる(ナムコ「クリティカルベロシティー」のBGMの録音などに参加)他、写譜の仕事など。主にジャズベーシストとして都内で活動中。ベース講師の仕事も行う。ホームページ