画面上部へ
本日は木曜日で定休日となります。

山本玲子&伊東佑季&柳原由佳トリオ

山本玲子&伊東佑季&柳原由佳トリオ

山本玲子(ヴァイブラフォン)、伊東佑季(ベース)、柳原由佳(ピアノ)がお送りします。

2018年12月22日 16:00 - 18:00(予定)

チャージ 2,000円/名 学生証提示でチャージ料金半額となります。

入店後必ずメニューよりお1人様1品ご注文ください。

参加の際はFacebookページ上部より 」を押してください。

このライブに関するお問い合わせはこちらまたは電話でお問い合わせください。

山本玲子

山本玲子(ヴァイブラフォン)

東京音楽大学打楽器専攻卒業後、米バークリー音楽大学でジャズヴァイブを学ぶ。卒業後は都内を中心にライブやサポート等の音楽活動を始め、2013年1月、1stアルバム『山本玲子Tempus Fugit』を寺島レコードよりリリースし、銀座山野楽器においては2013年ジャズフロア年間チャートの10位を記録する。2014年1月、ブルーノート東京で開催された老舗ジャズレーベル『ブルーノート』の創立75周年記念アニバーサリーライブに出演し、ロン・カーター(bs)らと共演。また同年3月発売の寺井尚子(vln)のCDアルバムにゲストミュージシャンとして参加し、リリースツアーに同行したほか、TV番組のレギュラーバンドに参加するなど、多岐に渡って活動している。2015年3月には、2ndアルバム『Wilton's Mood』発売。その透明感のある純粋なvibの音色は、ファンだけでなくミュージシャンなどからの評価も高く、作曲家としても様々なジャンルを書きこなし、美しい旋律を紡ぎ出すセンスは支持を得ている。

伊東佑季

伊東佑季(ベース)

北海道旭川出身。4歳よりクラシックピアノ、中学の時にコントラバスを始める。中学2年の時に、Jazz Month in Asahikawa ジュニアジャズオーケストラ(以下JMIA)に参加した事をきっかけにジャズを始める。高校で吹奏楽を経験し、その後洗足学園音楽大学ジャズ科に入学。2004年1月、JMIAメンバーとしてニューヨークで行われたIAJE Conferenceに参加。また、同メンバーとしてChick Corea, Ed Thigpen、他日本を代表するミュージシャンと共演を果たす。2005 年、Berklee College of MusicのWorld Scholarship Auditionにおいて、Lawrence and Alma Berk Scholarship(full tuition scholarship) を受賞し、同年9月渡米。在学中にCharles Mingas Awardを受賞。帰国後は、地元旭川での活動後、拠点を東京に移し、自己のビックバンドを結成するなど都内を中心に活動中。ベースを佐々木義生、坂井紅介、水谷浩章、Bruce Gertzに師事。音楽理論、作編曲法を香取良彦、Scott Free,Ken Pullig, Greg Hopkins, Jim McNeely, アンサンブル法をHal Crook, Dave Santro, Joannne Brackeen,に師事。(敬称略)

柳原由佳

柳原由佳(ピアノ)

幼少期からJazz, Bossa Nova, 洋楽Pops等様々な音楽に触れる。Berklee College of Music Jazz Composition Major卒業。Boston, New York, Philadelphia にてライブやレコーディングを行う。帰国後は柳原由佳Piano Trioの他、ジャンルを問わず様々なバンドやプロジェクトに参加。現在は関東関西の2拠点で活動中。演奏だけでなく作編曲の提供も行っている。公式ホームページ