画面上部へ

今津雅仁&吉岡秀晃デュオ

今津雅仁&吉岡秀晃デュオ

2018年10月13日 16:00 - 18:00(予定)

チャージ 2,000円/名 学生証提示でチャージ料金半額となります。

入店後必ずメニューよりお1人様1品ご注文ください。

参加の際はFacebookページ上部より 」を押してください。

このライブに関するお問い合わせはこちらまたは電話でお問い合わせください。

今津雅仁

今津雅仁

1957年 神戸市出身17歳でプロデビュー渡米後、アート・ブレイキーと共演。1987年から立て続けに二年間で3枚の自主制作盤3枚を発表。1998年10月 「FUN HOUSE」よりメジャー・アルバム【MASATO】をリリース。その年、【日本ジャズマン部門】【テナー・サックス部門】【作曲家部門】【グループ部門】4ブノンのポールウイナーに選出される。1990年1月 アルバム「MASATO」第23回日本ジャズ大賞を受賞。(新人としての受賞は史上初)大阪フィルハーモニー・オーケストラ、及びマンハッタン・ジャズ・クインテット等、数々のジョイントコンサートを敢行。1991年 アルバム【He Said...】第24回日本ジャズ大賞制作企画賞を受賞。長年の引退後、2000年復帰アルバム【THE RETURN OF MASATO】をリリースと同時に日野皓正、及びエディ・ゴメス・クインテットとのジョイント・コンサートを切っ掛けに日本ジャズ界にに復帰。2009年から韓国でのコンサート、東京都内、全国各地でのライブ活動を精力的に行う。現在は、後進の指導にも尽力している。

吉岡秀晃

吉岡秀晃

1960.2.1宮崎県延岡市出身8歳の時にピアノとバイオリンに出会う高校在学中、キース・エマーソンに魅せられ、プログレッシブロックの洗礼を受けると同時にジャズに興味を抱く1979来日したレッド・ガ-ランドトリオのジャミル・ナッサ-、ジミ-・コブと共演しレッド.ガ-ランドに絶賛される198121歳の時プロを目指し上京1990初リ-ダ-作 「here we go」を発表1991セカンドアルバム「anytime anyway」を発表スイングジャ-ナル選定ゴ-ルドディスクを邦人ジャズメンの新録音作品としては史上初の獲得という快挙を成し遂げる1992日野元彦(ds)坂井紅介(b)による最強のリズム陣と共にサ-ドアルバム「always」を発表1994初めてのソロ作品集「strong man」を発表1994.10メキシコで開催された国際親善ジャズフェスティバルに出演1996.2ロサンゼルスで開催されたインタ-ナショナルジャズパ-ティでアンドリュ-・シンプキンス、ル-タバキン、シャ-マン・ファガ-ソン、ジェフ・ハミルトン他多数と共演,親交を深める1999.8待望のライブアルバム「doin' it right」を発表2000.2インタ-ナショナルジャズパ-テイに出演ロサンゼルスタイムズでは『日本が生んだファンキ-ジャズの達人』として 評価確定ロサンゼルスタイムズ評『最高にスイングするソロ演奏を見せた一人は、 ベ-スの小林真人とドラムの八城邦義を伴った リズム.セクションをしっかり掌握したピアノ の吉岡秀晃で、特に♪サボイでストンプ♪の  明るいコ-ラス部において最高潮となった。』  2000.5NYのルデイ.バンゲルダ-スタジオでジャミル・ナッサ-(b)ジミ-・コブ(ds)との共演でトリオの初の海外レコ-ディング2000.7「Moment To Moment」をヴィ-ナスレコ-ドより発表ニュ-ヨ-クタイムス評『Mr.吉岡のピアノは、ニュ-ヨ-クの裏町を くぐりぬける木枯らしの音に似て、 聞く者の心の中に都市の官能をひきおこす。』スイングジャ-ナル主催第34回(2000年度)ジャズディスク大賞製作企画賞受賞