画面上部へ
本日は水曜日で定休日となります。

山本剛(p)&スタン・ギルバート(b)トリオ

山本剛(p)&スタン・ギルバート(b)トリオ

山本剛、スタンギルバート、原浩之のピアノトリオのライブ。スペシャルサウンドを目の前でお楽しみ頂ける数少ない機会です。

2017/05/27 16:00-18:00(予定)

ミュージックチャージ 2500円/人
参加の際はFacebookページ上部より 」を押してください。
このライブに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

山本剛 (ピアニスト)

山本剛 (ピアニスト)

1948年3月23日、新潟県佐渡郡相川町に生まれる。すぐに佐渡島より新潟に移り、小学生の頃からピアノを弾き始める。 高校生時代、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの生演奏の虜となりジャズ・ピアノを独学で習得する。日本大学経済学部に入学するが、その時の選伐で世田谷校と三島校があったが、田舎から出てきたばかりで土地がわからずに世田谷は東京の外れにあると思っていたので、思わず三島校を希望してしまい、一年間は静岡県の三島で下宿生活をしましたが、私の音楽人生で多大な影響を与えた時期でした。その後、妹が国立音楽大学に在学していた為、多摩地区の東中神にも住んでいました。そして千駄ヶ谷、仙台坂と現在は芝公園に移り住んでいます。1967年、日本大学在学中、19才でプロ入り。ミッキー・カーティスのグループを振り出しに英国~欧州各国を楽遊。 1974年、レコード・デビュー(「ミッドナイト・シュガー」TBM)。スケールの大きなブルース・フィーリングとスイングするピアノがファンの注目を集め、続く「ミスティ」(TBM)が大ヒット、以後レコード各社より数多くのリーダー・アルバム、共演アルバムを発表、人気ピアニストの地位を確立する。1977年、アメリカ、サンフランシスコ、モンテレー・ジャズ・フェスティヴァル出演。1979年、スイス、モントルー・ジャズ・フェスティヴァル出演。大好評を得、その後渡米、1年間ニューヨークで音楽活動を行う。帰国後は、六本木のライヴ・ハウス"ミスティー"でハウス・ピアニストとして活動を再開。 笠井紀美子、安田南等ヴォーカリスト達と共演する一方、ディジー・ガレスピー、カーメン・マックレイ、サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズ、エルビン・ジョーンズ、ソニー・スティット、スティーヴ・ガッド、エディー・ゴメスetc. 多数の本場ミュージシャンと共演。その間、英国のバタシー・パーク・ジャズ・フェスティヴァル、ニューヨーク独立記念日ジャズ・フェスティヴァル、コンコード・ジャズ・フェスティヴァル等に出演。TV番組「リュウズ・バー(村上龍構成、出演)」の音楽を担当するなど各方面で活躍。最近はオーディオファンの方と交流する機会が増え、改めて我々のアルバムを隅から隅まで熱く聴いて頂いている事を知り、新しい発見をさせて頂いて居ります。益々オーディオファンの方々の為にもいいアルバムを造っていきたいと思っております。公式サイト

Stan Gilbert

Stan Gilbert

1938年生まれ、ニューヨーク出身、ベースプレイヤー、レコーディング・プロデューサー。 20数年間における日本滞在中は赤坂のボサノバ&ジャズクラブKeiのゼネラル・マネージャーを努めハウスベースシストして活躍し、日本各地で演奏。 ウェストコーストのジャズplayerとの演奏をレコーディング、プロデュースし、本場のジャズを日本に多数紹介。 ロサンジェルス・フィルハーモニーオーケストラの一員、ロックバンドのリーダーとして多岐にわたる活躍の経験あり。 多くのCDをリリースしSwing Journal誌のゴールドディスク賞を二枚獲得。。 国内外多くのミュージシャンと共演し、ダイアン・シュアとのパフォーパンスはNHK BSにて放映された。 主な共演者:ケニー・バレル、クルセイダース、フレディー・ハバード、ハンク・ジョーンズ、レス・マッキャン、ハービィ・メイソン、ナンシー・ウィルソン、サラ・ヴォーン、ダイアン・シュア、ヘレン・メリル、 また日本人では、ジョージ川口、北村栄治、山下洋輔、伊藤君子、ケイコリー、他多数。(詳細は、スタン・ギルバートでYAHOO検索)

原浩之

原浩之

1989年2月、大阪に生まれる。父親の影響で幼少期から音楽に親しみ、12歳でドラムを始める。16歳でジャズドラマーとしてプロデビューし、22歳の時、音楽活動のために上京。現在では治療家として、港区青山にて【身体から魂を磨くコンサルティングサロン インディゴアイ青山】を経営しています。幅広い見識と統合的な分析で、悩みの根本原因を捉える診断力。体軸整体、心理カウンセリング、スピリチュアルヒーリングを駆使した治療技術。眠っている才能や目的意識を引き出し、新たな人生に導くコンサルティング能力。この3つの技能に定評があり、おかげさまで開業1年足らずのあいだに口コミだけで全国からお客様が集まるようになりました。『過去や常識に囚われず、ありのままに生きる喜びを伝えたい』自分の生きる道にはいつも、この想いがあります。僕が音楽を通して表現してきたこと。治療家としてクライアントさんに接すること。全てはこの起業理念に根ざしています。「本音で生きるための強い軸を形成する」セミナー・イベントも開催しています。