画面上部へ
本日は木曜日で定休日となります。

永武幹子(p)守谷美由貴(As)デュオ

永武幹子(p)守谷美由貴(As)デュオ

2017年2月25日 16:00 - 18:00(予定)

2,000円/名 別途お一人様一品以上ご注文
参加の際はFacebookページ上部より 」を押してください。
このライブに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

永武幹子

永武幹子

千葉県船橋市に生まれる。3歳よりクラシックピアノを始め、ヤマハ音楽教室で寄島清美、寺西誠各氏に師事。即興演奏や作曲を学ぶ。中学時代は法田中学校ブラスバンド部に所属し、トランペットを担当。全日本マーチングコンテスト全国大会に三年連続出場し、金賞を一回 銀賞を二回受賞する。早稲田大学入学後、同大学モダンジャズ研究会、ハイソサエティオーケストラに入り、ジャズに目覚める。ジャズピアノを清水くるみ氏に師事。大学入学当初は法曹志望だったものの、富樫雅彦・本田竹広等の日本ジャズや、フリージャズとの出会いをきっかけとして、プロのジャズピアニストの道に進む。現在は自己のバンドをはじめとする様々なバンドで都内中心に演奏活動を行う。2016年、植松孝夫グループ、鈴木勲OMA SOUNDに加入。増尾好秋MAGATAMA結成。これまでの共演者としては、林栄一、竹内直、芳垣安洋、藤井信雄、中牟礼貞則、酒井俊、橋本信二、Akira Tana、他。(敬称略、順不同)

守谷美由貴

守谷美由貴

香川県出身。中学の吹奏楽部からサックスを始め大阪音大短大部でクラシックを赤松二郎に学ぶ。その後東京に転居し、土岐英史、多田誠司にジャズを学ぶ。鈴木勲bグループ、女性バンドBIANCAのメンバーとして活動する。2006年ビクターエンタテインメントより発売のオムニバスアルバム、「LE CHOCOLATE DE H」の中に自らが作曲した「Chocolate」が収録される。2007年、松尾スズキ演出のミュージカル“キャバレー”に出演。2008年、テイチクタクミノートよりアルバム「BIANCA」でメジャーデビューし、ADLIB アワード国内ニュースター賞を受賞する。2010年10月、自主レーベルCoume Music より初のリーダーアルバム『Cat's Cradle』をリリース。現在は自身のリーダーバンドでの活動や、日野皓正tp、山下洋輔pf、峰厚介ts、林栄一as、今村祐司per、などのベテラン勢との共演、その他、日野皓正PRESENTS“JAZZ FOR KIDS”に「DREAM JAZZ BAND」の講師として参加するなど様々な活動をしている。