画面上部へ
本日は木曜日で定休日となります。

田中真理クァルテット

田中真理クァルテット

田中真理、中山豪人、細谷貴洋、目次敬之がお送りします。

2015/09/12 16:00-18:00(予定)

このライブは終了しています ご来場頂きまして有難うございました。

投げ銭制。 入店後必ずメニューよりお一人様1品ご注文ください。
Facebookページからを押して頂けると嬉しいです。
このライブに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

田中真理

田中真理

矢堀孝一氏に師事してジャズギターを学ぶ。1997年頃に斉藤力等と演奏活動を行う。1999年にasian scholarship によりBOSTONのバークリー音楽大学に入学。ミックグットリック、ハルクルックに師事。ラテンアンサンブルで上原ひろみと競演。その他競演多数。在学中にFranco pinnaとボストン近郊でオリジナルバンドで活動。帰国後、音楽専門学校の講師や、アルトネリコのギター録音楽曲提供等、ポピュラー音楽の活動と同時に、演奏活動はギタリスト助川太郎、五十嵐タカシ、やドラムの狩野丈二等と行う。

中山豪人

中山豪人

1978年9月5日茨城県笠間市生まれ。大学卒業後、サラリーマンを経て、兼ねてより憧れだったジャズピアニスト「ビル エバンス」を目指し上京。アンミュージックスクールに入学する。 ジャズピアノを欠田芳憲氏に師事、音楽理論を井上丹氏に師事。同スクール在学中よりジャンルにとらわれず著名なミュージシャンと共演し、自己の演奏スタイルを追及。卒業後は特にジャズに於ける奏法研究を続けながら、ピアニスト、キーボーディストとして活動している。ジャズピアニストとして都内のクラブ、ホテルのラウンジやバーで長く専属ピアニストを務めるなどソロピアノにも定評がある。2014年初のリーダーアルバムJohn Nakayama Trio「JNT」をリリース。ジャズピアノトリオという形態でありながらポストロック的な疾走感に溢れたナチュラルでハイブリッドな世界観を確立し、各方面から高い評価を得る。またメンバーとして参加したクラブジャズバンドPrimo&The GroupeではオーストラリアのファンクバンドThe Bamboos諸作でお馴染みのヴォーカリストKylie Auldistを迎えた「SUN」などアナログ盤を多数リリースし国内外のDJを中心に幅広く支持されている。他、ルーツジャムバンドdigdaやThe Silent Minorityでも精力的に活動している。

細谷貴洋

細谷貴洋

18歳でAN Music Schoolに入学。エレキベースを樋沢達彦氏、水野雅章氏、ウッドベースを納浩一氏に師事。卒業後は様々なセッション、レコーディングに参加。2009年ベースマガジン紙ベースコンテスト準グランプリ受賞。

目次敬之

目次敬之

22歳のときにおおはた雄一のバンドでデビュー、24歳でNOANOAでメジャーデビュー。クラブシーンやメジャーで幅広く活動。以後数々のアーティストのツアーや、レコーディングに参加。自身のバンド、trans of lifeではヨーロッパ、ニューヨークなどのクラブシーンで高い評価を得る。クラブシーンでの活動では新しいバンドosuroを立ち上げる。BEGIN、福山雅治、may.j、つじあやの、米倉利紀、RYU(冬ソナのテーマソングの方)、野田幹子、おおはた雄一、NOANOA、ROCO、坂本真綾、soulhead、スティーヴアップルトン、コーヒーカラー、 Zwei、kao、扇谷一穂、DIMENSION増田孝司ソロライブ、その他多数録音ツアーに参加。