画面上部へ

工藤隆(Pf.)KEN(Gt.)ライブ

工藤隆(Pf.)KEN(Gt.)ライブ

Pf.工藤隆 Gt.田口賢 Ba.加藤秀 Vo.山口亞弥

2015/03/01 18:00-20:00 (予定)

チャージ:投げ銭制
参加の際はFacebookページ上部より」を押してください。
このライブに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

田口賢

田口賢

1969年1月27日生まれ。駒沢大学在学中にジャズに出会い、卒業後渡米。バークリー音楽大学に入学。ギターパフォーマンス科を卒業後はNYに移り一年間音楽活動。その後帰国し、自身のバンドオレンジフィールドミュージックを結成。曲作りには定評がある。

工藤隆

工藤隆

1968年5月22日生まれ。高校生の頃より、田村勝哉氏にジャズピアノを学ぶ。第三回内田奨学生に選ばれ、Berklee College of Music(バークリー音楽大学)に留学する。在学中はEdward Bedner(p),Joanne Brackeen(p),George Garzone(ts),Hal Crook(tb),Bill Davies(p),Bill Pierce(ts) らに師事。また、Piano Department Chairman's Award,Best All Around Keyboardist Award等を授与される。バークリー音楽大学卒業後、97年11月~98年3月の間、プリンセスクルーズ社のサンプリンセス号のショーバンドピアニストとして5ヶ月間のカリブ海クルージングを体験する。Jerry Bergonzi(ts),Christopher Hollyday(as),Dave arraza(ts),Phil Grenadier(tp),Larry Grenadier(b),Eddie Henderson(tp),川嶋哲郎(ts)、多田誠司(as)、今津雅仁(ts)、高樹レイ(vo)、五十嵐一生(tp)をはじめとする数々のミュージシャンとの演奏経験も豊富である。現在は西日本のライブハウスを中心に活動中。2002年、初のリーダーアルバム"Red...Black..."w/Larry Grenadier(b),Scott Goulding(ds)を発表。2011年5月22日、9年ぶりのリーダーアルバム"Gratitude"w/左海誠司(ds)を発表。2012年12月1日、3枚目のリーダーアルバム"DOUQ TRIO FINAL at Jazz Inn New COMBO"w/丹羽肇(b),菅原高志(ds)を発表。2014年6月21日、4枚目のリーダーアルバム"For Douq-Maniacs Only" Duo Gratitude/左海誠司(ds)を発表。

加藤秀

加藤秀

幼少よりピアノ、エレクトーンを始める。高校時よりジャズに傾倒し、20歳で渡米。バークリー音楽院入学後ベースギターに転向。ボストン在住時より数々のセッション経験を積み、また、作曲活動も行う。帰国後、佐藤 達哉(Sax)、藤井 信雄(Drums)、藤井 学(Drums)、加藤 崇之(Guitar)、宅 “Shoomy” 朱美(Piano,Voice) 等との共演を経て、現在は東京を中心にバンド『Echostics』や、坂ノ下 典正(Guitar)、飯尾 登志(Piano)、藤枝 伸介(Sax,Flute)等とのDuoなど、様々な音楽・演奏活動をするとともに、リーダーバンド『加藤 秀グループ』でも活躍中。

山口亞弥

山口亞弥

1986年生まれ千葉県出身。3歳からクラシックピアノ、15歳から声楽を学ぶ。幼少の頃から洋楽を歌うことに憧れ20歳で渡米。ボストン・バークリー音楽大学にてボーカルを修学、4学期を経て帰国。帰国後は地元・成田を拠点に千葉、東京にかけて演奏活動を開始。ジャズ、ポップス、ボサノバを中心にジャズトリオ、ソロ弾き語りの活動をしながら2009年にアメリカのインディーズレーベルObonu Musicよりアーティスト名をAdyaとして1stオリジナルアルバム「May I?」をiTunesにて配信。続いて2012年にはシングル「Long Goodbyes」、2014年に「Song For You」を配信。演奏活動の他、2014年よりボーカルスクールを開業、インストラクターとしても活動中。公式サイトはこちらから