画面上部へ

阿部弘史クインテット

阿部弘史クインテット

Nefertitiでは初ライブとなります。是非お越し下さい。

2014/01/25 16:00-18:00(予定)

このライブは終了しています ご来場頂きまして有難うございました。

エントランスフリー。
参加の際はFacebookページ上部より 」を押してください。
このライブに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

阿部弘史

阿部弘史

1983年3月3日富山県出身。13歳からギターを始めRock,Popsを中心に音楽活動を開始、ライブや作・編曲、レコーディングを行う。高校卒業後は駒形弘行氏に師事しJazz,Latin,Funk,Blues,Soul等演奏の幅を拡げる。その後はJazzに傾倒、単身渡米しセッションやストリートライブで研鑽を積む。現在はJazzを中心にソロ、デュオ、カルテットなど様々な演奏形態で都内や千葉での演奏活動、また「Higuma Music School」にてギター、音楽理論の講師を務めている。
aki

aki

小学校吹奏楽でトランペットとトロンボーンを担当。中学までトランペット。高校生の時原宿でスカウトされファッション雑誌モデル。タレント活動をしながらボイトレ、劇団で訓練を受ける。テレビCM、Vシネマ出演。テレビ東京レギュラーゴルフダイジェストビューティクイーン。地元柏のオールディーズバンドコミックメンツにトランペットとして入り。コーラスに転身。都内、千葉などのライブハウス。手賀沼ジャズフェスティバル出演。ロックバンドでボーカル。ジャズギタリスト阿部弘史と出会いジャズシンガーとして流山、柏で活動中。
宮本果奈

宮本果奈

千葉県出身。東京音楽大学卒業。12歳よりフルートを始める。15歳時に文化庁新進芸術家海外留学制度の在外研修員として渡米。帰国後は東京音楽大学に入学し、クラシックを勉強する傍らジャズ音楽に没頭し始める。現在はジャズ、即興音楽、ラテン、ロックとジャンルの垣根を越えて多彩な演奏活動を展開。2011年よりトワイニング紅茶、ドモホルンリンクル、山田養蜂等CMのスタジオ録音に参加、2012年よりタッドウィンドシンフォニー(吹奏楽団)に入団。2013年より自身のジャズデゥオユニットSpice Treeを結成しライブ活動を行っている。また柏にて書き下ろし短編小説の朗読と即興音楽のライブを隔月行っている。ワールドビーツスクールオブミュージック、音楽教室リズム21講師。
齋藤庸介

齋藤庸介

1988年6月15日生まれ。高校生時代にハードロックバンドを結成しエレキベースを始め、Led ZeppelinやCream等、ブルースロックの練習に励む。その後半年ほどしてWeather ReportとJaco Pastorius、Herbie Hancock等のミュージシャンを知り、 ジャズの道へ進み始める。Charlie Parkerの音楽を理解したいと思い、ジャズの勉強を始める。大学入学後、エレキベースと並行してダブルベースを弾き始め、都内各所のジャズクラブやライブハウスのジャムセッションでスタンダードなどアンサンブルの腕を磨く。高校生時代から和声や旋法の音楽理論や、作曲法を 独学で学び演奏と並行して独自に作曲・編曲も行っている。Gil Evans, Joe Zawinulの作曲法からとても多くのことを学び、さらなる探求のためクラシックや現代音楽技法、電子音響など勉強中。ベースの奏法では特にNiels Henning Ørsted Pedersenや、Dave Holland等のダブルベース奏者やエレクトリックベーシストJaco PastoriusやWill Leeからの影響強く、コード、モード、ハーモニー、ビートを理解したベースラインやインプロヴィゼーションに定評がある。現在、千葉県柏市にあるRADミュージックスクールにてエレキベースや音楽理論、作曲の講師として指導する他、都内各所で様々なミュージシャン・シンガーのサポート演奏や、レコーディング、 DTMの生音差し替え録音、飲食店での演奏、自己のバンドでライブ活動など行っている。Post Rock, New Waveなど、現代音楽や実験音楽の要素をインプロヴァイジングやジャズに融合して音楽的であり聴きごたえのあるものを作れないかと思考錯誤している。また、近年の音楽ジャンル細分化の傾向に伴い、例を挙げると、ロックやジャズも単に大きな括りから、オルタナティブ、EMO、ハードコア、コンテンポラリー、Modern Experimental等、多種多様な聴衆に向けたマーケット拡張が盛んに行われている。この動きはこれからの未来の音楽の発展に大きく貢献するものと期待をしながら、活動領域の拡大、新ジャンルの探索等、広く深くをモットーに音楽の探求を続けている。*Respect: Miles Davis, Gil Evans, Joe Zawinul, Henry Cowell, Terry Riley.
野上孟

野上孟

ドラマー、パーカッショニスト、パーカッションインストラクター。千葉県柏市出身。千葉県柏市立柏高校吹奏楽部で打楽器を担当、石田修一に師事。卒業後アメリカ・カリフォルニア州RiversideCommunityCollege入学、卒業。 音楽専攻でジャズドラムセット・マーチング・コンサート打楽器を学ぶ。2002年 同大学のマーチング打楽器アンサンブルにてWGI(全米マーチング打楽器コンテスト)に参加1位を獲得。2003年 SeattleCascade(ドラムコー)に参加DCI(ドラムコー世界大会)主催テナードラムソロコンテスト4位。 同年LosAngelesのマーチング打楽器アンサンブルBlackKnightsにてWGIに参加2位。2004年 TheCadets(ドラムコー)にてテナードラムを担当。 同年大学のジャズバンドではリノジャズコンテストにて1位を獲得。2005年8月に帰国、現在はドラムセット、テナードラムにてソロ・バンド演奏活動やインストラクターとしてマーチングバンド・打楽器の指導にあたる。国内では2007年のDreamsComeTrue の『ワンダーランド2007』ドラムパフォーマンスの場面で出演。2008年 『石川直ソロプロジェクト』に参加。2008年のBlast!(en)来日前には石川直とBlast!のPRライブに出演。2009年1月にはリットーミュージック主催『第一回リズムアンドドラム・マガジン・フェスティバル』に石川直と共にマーチングパーカッション、ドラムセットで参加。2009年 『石川直ソロプロジェクトVol.2』に参加。ツアー中にブラスト等で有名なトランペット奏者アダム・ラッパとレコーディング等も行う。